民間組織団体発足準備「ハブシティ構想組織委員会」・不動産業界及び関連業界中心に発足

http://fudousankomon.web.fc2.com/

 

          ・・・ハブシティ都市計画事業・・・

日本国の未来像となる基盤活動として、現在、起きている新型コロナウイルスような感染症の風土化による影響が長期化することを踏まえ、 時間の経過とともに、家計・企業の経済活動への悪循環が生じうる、その対応策を講じることを含めた首都圏一極集中人口密度分散対策及び近い将来起きる首都圏直下型大地震または富士山大噴火などの災害経済損失の最小化対策といったことを鑑み、日本国経済を世界一となる活性化と変貌させることを目的とした活動組織である。

この活動により、高速通信周波数帯5GデジタルIT環境及び人工知能AI導入による非対面型ビジネスの促進(在宅テレワーク分譲住宅、在宅テレワーク賃貸住宅、テレワーク専用コンパクト事務所、商業施設、医療施設等の建設需要)、尚、具体的には、デジタル化が進めば、東京一極集中の緩和になる。職場も大学も東京である必要はなく、自然豊かな地方移住が進むことになる。子どもの教育環境、医療への不安もあるが、リモート学習、オンライン診療、遠隔診療で課題は解消できる。さらに、行政業務をデジタル化、これにより、地方でのIT/通信産業の雇用増大、これを軸に学校や病院及び関連施設等の建設需要、また、既存の産業の維持拡大と新しい産業創出で雇用拡大化することができる

移動のための高速交通(航空自動車・・「2023年にタクシー事業向けのサービスを開始し、2028年には本格的な一般販売を始める計画」  高速旅客船・・「川崎重工業の超高速旅客船 リニア新幹線 小型旅客飛行機・・「ホンダジェット、三菱MRJ旅客航空機」 ドローン利用荷物配送)などの高速化インフラを最大限活用できる日本国不動産を構築する、 その活動の先駆けとなる地方での経済活動のために民間企業を首都からの業務分散移転を促進させ、人口移動による地域人口の増加、その基盤となる不動産環境を各関係機関と連携し整備していかなければならない。この活動で不動産業及び関係業界中心とする日本国基盤経済の新しい活路となる

・・・追伸、推計によると、2040年には全国1718の内896の市区町村が 「消滅可能性都市」に該当。うち、523市区町村は人口が 1万人未満となり、消滅の可能性がさらに高い。危機管理上、日本国は一極集中都市機能を改造しない限り、人口減少は止まらず、高齢化が加速され、経済活性化を失う。

提言・・・日本国のデジタル化に伴う情報通信インフラ(高速通信5G・人口知能AI)や高速移動交通利用対応型とした地元産業を中心に国内全域・世界との生活経済活動相互ネットワークシティ(ハブシティ構想)を形成し,雇用を重視した産業拡大できる未来の街として構築する。また、日本人 人口倍増都市計画を目指す

尚、行政に協力要請・・・国策である2020年9月に日本国デジタル化「スーパーシティ」始動に期待する

 都市計画法及び建築基準法の特例措置導入

 宅地・建物による不動産関連税金の特例措置導入

 新たな生活関連優遇措置導入  等